歯周病治療

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている「歯周病菌(細菌)」に感染し、

歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、

日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、

歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、

実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく、

「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、

最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、

歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。

歯周病を知り、予防対策し、治療していくためには、まずは「歯の周りの組織=歯周組織」について理解しておくことも大切です。

歯周組織は大きく分けると以下の4つの組織からなっており、歯はこれらの組織に守られているため、

歯周病になって歯周組織が侵され、歯槽骨、歯根膜が溶かされてしまうと歯を支える事が出来なくなり、

結果、歯周病の末期症状になると歯が抜け落ちてしまうのです。

当院ではお客様の歯の健康状態のチェック、定期的なクリーニングをお薦めいたします。

Copyright © 2015 FUJI JDC All Rights Reserved.