インプラント治療

インプラントとは、虫歯や歯肉の病気、あるいは怪我などのアクシデントによって、

失われてしまった天然の歯を、補うための治療方法のひとつです。

入れ歯やブリッジは、インプラントとは違って周囲の歯に大きな負担をかけてしまうため、

今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めることに繋がります。

インプラントとは、周囲の歯に負担をかけることなく、失ったはずの歯を人工的に取り戻す、すばらしい歯科治療です。

周りの歯に負担をかけずに歯を立てられるということは、今残っている自分の歯を守ることにもつながるのです。

長所
入れ歯にする場合、入れ歯の針金をかけられた歯はその分大きな負担を負うことになります。

しかしインプラントの場合は、入れ歯とは違い人工歯自体が顎の骨にしっかりと固定するので、周りの歯に負担がかかりません。

ブリッジにする場合は、たとえ健康であってもまわりの歯を削らなければなりません。

インプラントなら抜けた部分のみに治療を行えるので、その心配はありません。

針金などで入れ歯を固定する必要がないので、自然な外観を取り戻せます。

天然の歯に近い感覚で噛むことが出来るようになります。

歯が無くなった部分の、顎の骨の萎縮(骨が痩せてしまう)を防ぐことができます。

お口の中を清潔に保ち、メンテナンスを行っていれば、半永久的に機能します。

短所
30分程度の外科手術が必要です。

保険が適用されないため費用(治療費)が自費になります。

治療完了までにある程度の期間が必要になります。

お口の中を清潔に保たないと、寿命が短くなってしまいます。

Copyright © 2015 FUJI JDC All Rights Reserved.